ユーザーの自動評価について

訪れたユーザーを分析し、
自動で分類する

eat(イート)の画期的な機能として、ホームページにアクセスしているユーザー 自動的に下記の5種類のユーザーに分類するという、自動評価(オートスコアリング)機能が存在します。

user type

タイプ別に表示を変更する

通常、ユーザーの分類・分析は大きな手間の必要な業務ですが、eat(イート)では自動的に分類が行われるという大きなメリットを提供できます。さらに「ホームページイベント」では、イベントを発生させる対象として、分類されたユーザーを指定できます。

「初めてアクセスしてきたユーザー」や「何度もアクセスしているユーザー」にそれぞれ最適なデザインと言葉で接客ができるようになります。

  • 実際に問い合わせを行っている 見込み顧客
  • 頻繁にあなたのホームページへアクセスしている 強い興味・関心を持っているユーザー
  • サイトへのアクセス、いくつかのページを読んでいるなど 興味・関心を持っているユーザー
  • 1度のアクセスで行動が終わっている 認知段階のユーザー
  • 見込み顧客の可能性が薄い 非ターゲットのユーザー

More Lean.

機能の詳細

email